• 電話0568-27-3788
  • 住所〒481-0012 北名古屋市久地野北浦98-1
北名古屋市にて、泌尿器科・腎臓内科・女性泌尿器科・小児泌尿器科を診療する「きむら泌尿器・腎臓内科クリニック」についてご案内します。
泌尿器科専門医として、泌尿器・腎臓内科疾患における診療を、患者様の目線に立ち寄り添いながら行ってまいりたいと思っております。

こどもの包茎について

おちんちんの先を包む皮膚(包皮)の口が狭いために、おちんちんの先(亀頭)を出せないものを真性包茎といい,包皮をめくって先を出せるものは仮性包茎といいます。一般的に包茎といえば真性包茎をいいます。しかし、小児の包茎は病気ではなく、生理的な状態です。

真性包茎には生まれつきのもの(先天性)と生まれてからおこるもの(後天性)があります。真性包茎は年齢が上がるにしたがって少なくなり、新生児ではほぼ100%、1歳までの乳児では約80%、1歳から5歳の幼児では約60%、小学生では約30%でみられ、思春期以降ではさらに少なくなります。後天性包茎は、包皮が何回もただれたあとや、環状切開術のあとに皮膚が狭くなってできることがあります。(日本小児外科学会より)

症状

  • 亀頭包皮炎
    包皮や全体に赤味や腫れがあり、触らなくても痛かったり、おしっこのときに痛みを感じます。抗生物質をのんだり軟膏を塗って治療します。
  • 嵌頓包茎
    包皮を引っ張って無理におちんちんの頭を出そうとすると、狭い皮膚で締め付けられて、亀頭がひどく腫れてしまうようになります。
  • 排尿障害
    おしっこをするときに、包皮におしっこがたまってふくらんだり、おしっこが細くしか出なくなることがあります。
  • 尿路感染
    新生児や乳児では尿路感染の原因になることがあるとされていますが、わが国では非常に少ないです。

治療

当クリニックでは基本的に何もしないで自然経過を見ることをおすすめしていますが、ご両親が治療を希望された場合は次の二つのオプションを説明しています。
  • 手術療法
  • 用手的に包皮をむく治療(包皮ほんてん指導)
    これは包皮の外側を手でずり下げて亀頭を露出する方法です。
    当科では軟膏(リンデロン VG 軟膏)を塗布した包皮翻転(ほんてん)指導をおこなっています。包皮をずり下げてむけなくなる狭い部分に少量のステロイドの入った軟膏を朝晩2回薄く塗ります。最初は包皮表面から少量の出血を伴う場合があります。一定期間以上(少なくとも2週間以上)継続する必要があります。
ページトップへ
文字サイズ